2006年08月22日

岡本倶楽部その後のその後

 当ブログでは1年以上前より「岡本倶楽部」に一つの投資の形として興味を持ち、これまで2つの記事を掲載してきました。

 ・「岡本倶楽部」
 ・「岡本倶楽部その後」

 今年5月12日に、FX取引の状況が悪化した事から、「一旦、退場」宣言をしてブログの更新から遠ざかっていたのですが、お陰様で現在でも日に200〜300の訪問者がございます。全く更新の無いブログにこんなにも多数の方に足を運んでいただいて、申し訳なく大変恐縮している次第です。ありがとうございます。

 さて、その間に岡本倶楽部の方からメールを頂戴しておりました。7/6です。そのメールの概要は以下の通りです。

・ブログの内容を見ると、誹謗中傷、名誉毀損、侮辱等々がエスカレートしてきてる。
・事実は事実を認めるが…。
・事実無根な内容は岡本クラブ会員様への不安をあおり…。
・当社に多大の損害を与えている。
・よって、削除無き場合法的手段を取らざるを得ない。

 又、同メールにseesaaブログの「情報開示」を以下のように引用してありました。

Seesaa は、取得した個人情報を、警察、検察、裁判所等の公的機関より、法律に基づく正式な情報開示の要請があった場合には、開示することがあります。また、 Seesaaのサービス、財産、権利の保護および人命に対する明白かつ現在の危険やその他緊急の必要性がある場合には、個人情報を開示することがあります。この場合、Seesaaは何らの責任も負わないものとします


 そこで読者の皆様にお願いがございます。

 岡本倶楽部に関するコメントを下さいます時は、ご自身の体験談を事実のままお寄せいただくのは、他の投資家の参考になりますので大変有り難いですが、いわゆる、誹謗中傷、名誉毀損、侮辱にあたる内容に関しましては、書き込みをご遠慮いただきたくお願い申し上げます。又、私が言葉遣いなどから不適切だと感じたコメントに関しては、誠に勝手ながら削除させていただくこともありますので、この事も併せて、ご了承いただきたくお願い申し上げます。


 本来は、もっと早い時期にこの記事を掲載しておれば、「岡本倶楽部その後」にあれほどの(今日現在で42個)の、嫌がらせ(スパム?)コメントが寄せられることもなかったのでしょうが、私の身辺でも色々な事(ブログやFXと全く関係のないプライベートなこと)があり、又、FX取引を立て直さなければならないとか、その他の事業などもあり、要するにそうした忙しさにかまけていた一面と、一連の嫌がらせコメントに対して自分自身が少々興奮気味だったことから、少し時間を置いて、冷静になってから対処させていただいた方が無難だと判断したからです。それと、その内に嫌がらせも飽きて静かになるかも…というズルイ考えもあったかもしれません。

 実は、一連の嫌がらせ(と私は受け取っています)コメントの発信者と、岡本倶楽部の方から頂いたメールの発信者が同一人物では無かろうかという疑念を感じております。と言いますのも、どちらもIPアドレスが同一だからです。更に、もう一つ非常に残念な事実にも気づいてしまいました。それは、同一IPアドレスの方には、昨年の10/8〜5/25まで「岡本倶楽部その後」に度々コメント(13件)を寄せて頂いていたという事実です。大変参考になる意見を寄せて下さっている会員さんだと思い信頼していただけに、裏切られたようで非常に残念です。


 最後に、岡本倶楽部の方にお願いがあります。

 もし、同じ方がクレームメール、嫌がらせコメント、善意?コメントを寄せて下さっていたのなら、そうした手段(嫌がらせコメント)を取らず、お名前に「岡本倶楽部」と入力して、メールにお書き下さったような内容をブログ上にて主張して下さい。そして、どのコメントが「誹謗中傷、名誉毀損、侮辱」にあたると思われるのかご指摘下さい。

 このブログには上にも書きましたように、現在でも多数の読者の方がお越し下さいます。又、検索サイトから「岡本倶楽部」というキーワードで訪れる方も日に数名から数十名いらっしゃいます(Googleでは上位掲載されます)。この場で紳士的な対応をなさることが、今後の岡本倶楽部の反映に繋がるのではないかと考えます。

 私は母体がどの様な組織であっても、ホテル利用者の利益を最優先し、ホテル従業員の利益を最優先し、投資家の利益を最優先する岡本倶楽部であれば、何ら問題がないと思います。故に、ブログにも岡本倶楽部の記事を掲載させていただきました。どうか我々投資家を失望させないで下さい。よろしくお願いいたします。


 おまけ事実情報と皆様へお願い

 岡本倶楽部から頂いたメールに対して、当該記事が「誹謗中傷、名誉毀損、侮辱等」に該当するのかという問い合わせメールをSeesaaブログを出しましたところ、「記事を拝見しましたが、どの部分について名誉毀損にあたるかが判断致しかねました。」との返信を頂きました。
 だから、私のブログは正当だ! 何てことを主張するつもりは全くありません。細心の注意を払って記事を書いていても、このブログで気分を害する方だってきっといらっしゃるでしょう。そうした方々には気分を害させてしまったことを素直にお詫びしたいと思います。
 ただ、極力トラブルは避けて通りたいと考えている小心者です。この記事に関して、私の主観で適切じゃないと感じる言葉遣いなどのコメントが付いた場合は、申し訳ありませんが削除させていただきますので、よろしくお願いいたします。


 追伸

 FX取引に関して興味を持って下さっている方もいらっしゃると思います。早くブログを復活させるべきだと思うのですが、まだしばらくの間はブログ復活を見送りたいと思います。どうかご了承下さい。
 尚、一旦退場した日(5/12)の損失確定額は17,636,906でした。又、その数日後、5/17現在の正味損益額(値洗い後損益額)は、ピーク時だった3/10の正味損益額より30,025,727のマイナスでした。勿論、前期の決算は大赤字でした。FX取引って本当に怖いですね。現在は…、何とかマンションのローンを返して、ギリギリの生活が維持できる程度に、ちびちびと稼いでいるといった状況です。しかし、やっぱりFX取引が好きなんですね。辞められません。
posted by ヒロ at 19:17| ☔| Comment(31) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。