2006年02月26日

格差って悪?

 最近、マスコミでも「格差」が頻繁に取り上げられております。そして、ほとんどの場合、「格差」を悪として小泉批判の好材料にしているように感じます。

 私は、小泉首相を応援する立場の人間でもないですし、強いて「格差」を推奨するつもりもないですが、ただ、TV等でコメンテーターが口を揃えて「格差」を悪とする姿勢に少し疑問を感じています。

 1億総中流階級的な思想が今のニート等を生み出しているのでは無かろうかと思うのです。即ち、能力があっても下手に頭角を現さないで大人しくしている方が、叩かれることなく平穏な生活が送れるかの如き風潮が、若者達のやる気を削いでいるような気がしてならないのです。頑張ったら頑張っただけ認められる社会の方が健全だと思うのですが…。

 その点、FX取引など経済活動は、その人の頑張りがそのまま如実に数字(お金)となって現れます。故に、もしかしたら、それが、頑張りを認めてもらいたい若者達を投資活動へと走らせているのではないでしょうか?

 かなり偏った内容ですので、賛否両論があろうかと思います。どうぞご意見をお聞かせ下さい。但し、これで議論をするつもりはありませんので悪しからず…。

 因みに、私、25歳頃の月収は3万でした。1.6万円のアパートに住んで、それでも、やりくりしてわずかですが貯蓄してました。それから3度ほど転職して、FX取引を始めた頃のサラリーマンとしての月収も25万弱でした(解雇になる頃には20年弱の間にセコセコ溜めた貯蓄が約1千万でした)。今でこそ多額(と言ってもまだまだ少ないですが)の資金を運用していますが、元々金持ちだった訳じゃありません。勿論、親の金融財産なんてゼロどころかマイナスかも知れません。

 規制が強いときは規制に対して批判をし、規制緩和が進んだ→自由競争→で格差が生じれば、今度は格差に対して批判し、そんなマスコミの日和見主義的なやり方を見ていると、結局、視聴率が取れれば何を報じても良いのかって思ってしまいますね。

 私の親は「高慢」を特に強く戒める人です。それは、「偉そうにするな」とか「うぬぼれるな」という意味では大切な教えだと思うのですが、ややもすると、「役が付くと高慢になる」とか「金持ちは高慢だ」とか「高学歴は高慢だ」等のように、その人が努力した結果で生じた状態に対しても、それを否定するような意味で使われる事が多く、だったら向上心を持つ事=高慢なのか?と思ってしまいます。「勉強すると頭が偉くなって親の言う事を聞かなくなる」なんて言われた日にゃ、それって何か間違ってませんか?って言いたくなります。今回のテーマとちょっと似てませんか?
posted by ヒロ at 20:13| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
僕もこの「格差」は、あって当たり前だと思います。
そもそも資本主義的経済活動をしていて、みんなが平等というのは確実におかしい状況です。
給料を稼ぐために経済活動をしている以上、勝敗は必ずつきます。
売り上げの多い営業マンが、売り上げの少ない営業マンと給料が同じでは、みんなができるだけ仕事を減らそうとします。

個人でも同じです。今の小学校などでは運動会のかけっこで順位を付けません。みんなが一等賞なのです。これは、勉強ができないけど運動が得意な子の活躍の場を無視してしまっています。
運動が得意な子の輝ける場所を奪ってしまっています。
勉強ができる子は、受験という競争で確実に差がつきますが、そうでない子が目立つ場所がありません。

格差というのはあって当たり前です。
一人一人が同じスタートラインに立つための「格差」はあってはいけないと思いますが、競争の結果から生じる「格差」を無視していては、とてもまともな社会とは言えないと思います。

そういった意味でも、社会に「格差」が出てきたことは、多少はましな方向に進みだしたということでしょうか?
勝ち組に入るために努力する。この努力もしないでお金持ちなれるわけ無いと思います。

・・・熱くなってしまいましたが、「格差(努力によって生じる)」賛成派です(^o^)/
Posted by かんちゃん at 2006年02月26日 22:53
僕も自分のサイトの2月8日の日記に「格差社会」って題名で書いたけど
まさしくヒロさんの言われている事に全面的に賛成です。

もともと個人個人に差があるのは当たり前なのです。
しかし「一億総中流社会」と言う言葉が
それに気づかないフリをさせてきたと思われます。

社会に全く格差がないとするならば、
皆のレベルを最低にまで落とさねばなりません。
そうしないと最低レベルの人との間に格差が生じます。
故に、格差のない社会など停滞を生むだけで実際にはありえないのです。

成績で順位をつけない、かけっこで順位をつけないなど愚の骨頂です。
「負ける経験の少ない者」は、一度の挫折で致命傷を負いますから
かえって子供に悪影響を与える事になるでしょう。

本人の努力次第で大いに成果が得られる。
それのなんと素晴らしい事か・・・。
僕も相場に対し、そのような見解を持っております。
Posted by 錬金術師 at 2006年02月27日 01:41
所得分配の不平等はジニ係数を用いて表すことができますが、民主党やマスコミの主張するジニ係数=0.5という数値には、統計上のトリックがあります。
すなわち、この数値には公的年金や社会保障サービス等が含まれておらず、実際の個人別のジニ係数は0.32程度になり、欧米の先進国並であって、小泉政権発足時と変わっていません。
ジニ係数=0.5ということは、25%の金持ちが総所得の75%を独占しているということであり、これは中国の富の集中と同程度で、所得分配の不満による暴動の危機があるというような状況を意味します。
小泉政権後のマスコミ、特に朝日新聞の言動には、日本をミスリードしようとする中韓のプロバガンダの匂いを強く感じます。
資本主義社会では、知恵を出したり汗をながした見返りとしての所得格差は当然のことであり、中共の権力のワイロやピンハネによる富の集中とは全く意味が違います。


Posted by 陰陽師 at 2006年02月27日 13:12
貴方は正しいと思います
Posted by 直樹 at 2006年02月27日 18:31
沢山の方にコメントいただきありがとうございます。


>かんちゃん

私は幼少時期、どちらかというと枠から外れがちな存在でした。勉強なんて全くできないし、スポーツも運動音痴と言われない程度のレベル、ならば、人柄だけでも良かったのかと言えば、どちらかというと皆から嫌われるタイプでした。常に同級生より劣っている事にコンプレックスを持っていたように記憶してます。

ならば、その頃に今のように格差をつけない教育制度だったらどうだったろうか?もしかしたら、あまりコンプレックスを感じずに過ごせたかもしれません。でも、それって良いこと?

私はこうしたコンプレックスから脱却するために、高校生くらいから徐々に努力しはじめました。そのきっかけとなったのが、入学して一番最初に行われた学力試験の結果で、クラス最下位になったことでした。

私は高校受験の際、中学の先生から、入れる高校は無いよと太鼓判を押されていたのです(^^;;;。ところがただ1校だけ、こんな私をも入学させてくれた学校がありました。即ち、最低レベルともいえる高校だったんですね。そこで最初に受けた試験で最下位だったのです。かなりのショックでしたね。

さすがの私も、その時には少し奮起しました。そしたら、少しずつ学力も上がり、部活(柔道)に於いても副主将に選ばれる程度に、同級生が認めてくれるようになってきたのです。

格差が私の頑張りを促してくれたのだと思っています。コンプレックスを感じていなかったら、今の自分は存在しなかったと思います。


>錬金術師さん

私も錬金術師さんの記事に刺激されたのかもしれません。仰る様に、格差の無い社会は停滞を生むだけのような気がします。

そもそも、この世に生きているものは、その総てが自らの種の保存の為に、持てる才能を最大限に引き出しながら進化してきたのだと思います。
格差が無い社会って、そのエリアで天敵のいない動物が極端に増えてしまい、結果として、自滅してしまう状態に似ているような気がします。

また、仰るように相場の世界って、リカバリーしやすい(再チャレンジの機会が多い)という意見も的を得ているような気がします。


>陰陽師さん

サンプロでジニ係数をやってましたね。なるほど、そうした統計上のトリックがあるんですね。

竹中さんも分析は専門家に任せた方が良いといってましたが、全ての条件を加味して、経済的な不公平感の無い、それでいて、向上心を持ち続けられるような社会が構築できる経済政策ができたら、むちゃくちゃ凄いでしょうね。こうした事を自らの損得に関係なく、命を掛けて取り組める人の出現を期待したいですね。私は竹中さんにかなり期待しているのですが…。


>直樹さん
コメントありがとうございます。


もっと、反対意見が聞けるかと思っていたのですが、いらっしゃらなかったのが意外でした。自分と違った意見を聞くのって、自分の肥やしになりますよね。
Posted by ヒロ at 2006年02月28日 13:16
はじめまして。
遅レスですが、マスコミの格差批判って
格差=二極化と混同しているからじゃないでしょうかね?
だとしたらそれは全くの別問題だと思うのですがね…。
Posted by あかさたな at 2006年03月28日 16:23
あかさたなさん はじめまして
返事が大変遅くなり失礼しました。
「格差=二極化」の混同。
確かにそうした一面もあるようですね。
インターネットの普及で情報の格差というのも言われますが、これだけPCが安く手に入るようになり、内容も充実してきたのですから、ちょっと頑張れば誰だってインターネットの恩恵を受けることは出来ると思います。今や携帯電話でも見られるわけですし…。
私は、草の根BBSの頃からパソコン通信に触れてきましたが、現状の進歩って本当に目を見張るものがあります。こんな便利なものを利用しないなんて勿体ないですね。
Posted by ヒロ at 2006年04月12日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13833817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。