2006年05月08日

為替取引の成績〜5/6

成績060506.GIF 週間060506.GIF ←くりっくすると大きくなります。
※桐の仕様上、取引開始当初からの全データをグラフ化できなくなりました。左のグラフは05年5月からです。取引開始当初からのグラフはこちらをご覧ください。

 2004年11月4日に100万で取引を開始し、その後、2005年1月4日に100万、2005年1月13日に200万を追加入金し、合計400万を原資として取り引きした結果です。FXA証券株式会社(旧FxAsia)での取引のみを集計してます。

 グラフの見方はこちらをご覧下さい。

 これまでの「為替取引の成績」はこちらをご覧ください。
 尚、日々の取引内容については、今のポジションをご覧ください。※但し、2月以前のは掲載していません。現在、別ブログに少しだけ記録してあります。


 週間名目損益合計額。+533,507。週間目標(40万)達成!
 週間正味損益合計額。-2,291,810

 《名目損益内訳》
 ・週間グロス損益。90,511。
 ・週間スワップ金利。442,996。
 ・週間建てポジ数。10枚。
 ・週間仕切ポジ数。15枚。

 前週ほどのマイナスではなかったものの、まだまだマイナス傾向が続いています。いつになったら反転してくれるのか…。

 追加入金をしたことで、もうしばらくは耐えられる状況になったのですが、更なる追加入金をする前に反転してくれることを祈るばかりです。

 基本的に損切りしない方針で取り組む場合、こうした一方向への下落というのは本当に辛いものです。他にも一生懸命耐えてらっしゃる方もいると思いますが、こうした極端な相場展開の時は思い切ってドテンする方が賢い選択なのでしょう。でも、こうした極端な相場展開になることが事前にわかっていれば、ドテンもしますが、ドテンしたとたんに反転したら、それこそ目が当てられなくなるので、ついついズルズルとこうした状況に陥ってしまいます。こうなるとつくづく相場を読む力の重要性に気づかされるのですが、相場観はなかなか簡単には養われないですね。そうなると、どうしても、資金力でカバーするしかなくなります。今回は幸いにしてめいっぱい突っ込んでいなかったので、今のところ何とか対応できているという状況です。資金の管理の重要性を再認識しております。

 ※ポジション状況は後日まとめます。
posted by ヒロ at 23:32| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 為替成績記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 為替王の強気な発言を信じてGW前に破産してしまいました、未だにころころと発言の変わる為替王には許せんです。とは言った物のレバを上げすぎ、また損切りが出来ずに耐えられなかったのと自己責任であるのを思いっきり人のせいにしていますが、、
 どのチャート眺めても売られ過ぎな感もあり、そろそろ仕込み時かとは思いますが、私の様に相場に参加出来なくならない様十分ご注意下さい。
毎日欠かさず応援しとります、頑張って下さいな。
Posted by きんちゃん at 2006年05月09日 00:34
こんばんわ!
いつも拝見しています。
僕も「起業家の独り事」の意見には賛成です。
損切りしてしまうと、あせって損した金額を取り戻そうとしますが、返ってレバを高く取りがちになったり、ドテンした後に高騰したりなど・・・?いろいろありますので(¥0¥)大変ですよね。
だから最初からレバは5〜10倍に抑えていた方がいいですよね><
僕も今は我慢ですよ。
がんばりましょう!!
Posted by NZ永住希望 at 2006年05月09日 03:45
こんにちはです。

いやあー思いっきり長い悪夢ですよね。
ここまでドルが叩かれるとは大想定外です。

投資金のほとんどが含み損化状態です。

でもこれだけ損するということは、逆に考えると
これだけ収益も上げられるということですよね。

ここはなんとか踏ん張って、高い勉強代を
生かしていきたいと思います。



Posted by adachi at 2006年05月09日 08:51
こんにちは〜。

私はクリックがメインでなるべく損切りしない方針でやってるんですが、 合成ポジとか保証金が多すぎて効率が悪くなるってこともあり、クロス円ばっかりです。

ロングばっかりですので今回のドル安、円高でかなりいたい思いをしています。

正直今後スイスのショートデイトレでも織り交ぜて行こうかと思ってます。

皆さんは何かでヘッジしてますか?
Posted by miya at 2006年05月09日 09:06

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。