2005年05月02日

モバイルデータ通信

 4、5日と遠出をする事になりまして、買ったばかりのノートパソコンも一緒に連れて行くつもりです。となると、出先でのインターネット接続が出来ないかという発想になるのは当然の事でして、いろいろと調べてみました。
 AIR-EDGEからはじめて、ボーダフォンコネクトカードやら、その他のデータ通信カードを…。そしてつくづく思ったのですが、家ではブロードバンドが当たり前になってきましたが、一歩外へ出るとまだまだネット接続には不便な世の中なんですね。やっと3Gとかいう規格で384Kbpsまでの速度が出るようになったみたいですが、いざ、料金を調べてみるととんでもなく高いです。
 私の場合、これまでも、どうしても出先でネットにアクセスできなければ死んでしまう…という様な事はなく、例えば先日のように10日間ほどネットにアクセスできなくても、ちゃんと生きて帰ってこれたのでして、そう考えると無理してモバイルできる環境を構築したとしても、年間にどれほど使うかと考えた時、高額の投資に見合う効果は得られないのでは無かろうか…。という結論に達したのです。
 因みに、このページが一番参考になりました。

 それでも、出来れば出先でインターネットを使いたいですよね。そこで、次にホットスポットを調べてみました。すると、思いの外あちこちで使える事が分かりまして、だったら、どうしてもネットにアクセスしたい時はホットスポットまで移動すればいいや…という結論に落ち着いたのでした。
 ホットスポットについてはこちらのページが参考になりました。中でもFREE SPOTというのは無料で利用できる所が多いようです。また、実際の運用に際しては、出先ではノートパソコンでホットスポットを検索する事が出来ない(ネットに接続するためにホットスポットの場所を知りたいのですから…)わけでして、そうした時に便利なのがこちらです。ここでは携帯でホットスポットを検索できるようです。

 さぁ、これだけ調べ上げておけば、GWのお出掛けも安心かも…。
posted by ヒロ at 00:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3256544

この記事へのトラックバック

インターネットを集める
Excerpt: プロトコルデータ通信を行なうためには確実にデータをやり取りするための仕組みが必要である。これを通信プロトコル|プロトコルという。通信回線上でのデータのやり取りをすることを基本としている。STRSTR(..
Weblog: インターネットを集める
Tracked: 2007-08-07 06:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。