2005年07月07日

2012年五輪

 2012年の夏期オリンピック開催地がイギリスのロンドンに決定したようです。

 ロンドンかぁ〜、憧れる土地ですよね。一度は行ってみたい。そうだ、行ってみよう!なんて軽く考えて行けるところではないですが、今からこつこつと準備を進めてってのも面白いかも知れません。

 ロンドンに行くとなれば現地通貨ポンドが必要ですよね。今、銀行で円→ポンドの両替をすると、えっ?昨日の相場で1ポンドが207.33円ですか?これはみずほ銀行外貨両替相場のページのデータです。実際のレートは196円台でしたよね。実に11円もの両替手数料を取られる計算になります。因みに三井住友でも同様に11円、UFJでは8円との事です。

 他に何か両替手段は無いものでしょうか。そこで外国為替証拠金取引の利用を考えます。業者により取扱の有無(FxAsiaではこの取扱がありません)がありますので事前確認が必要でしょうが、ある取引業者ですと、保有しているGBPJPYのポジションを、決済せずに銀行のポンド口座へ送金(受渡)してもらう事ができます。これを利用しますと、1万ポンドの場合手数料が以下のようになります。

 ポジションを建てる為の手数料が1,000、それを銀行のポンド口座へ送金してもらう手数料が3,500、その銀行での受取手数料が無料(銀行によって有料もあります)、その銀行でトラベラーズチェックを発行してもらう手数料が無料(銀行によって違うのかな?)、トラベラーズチェックを海外の銀行で現金化するのに有料若しくは無料。※この場合の銀行はシティバンクで調べました。

 と言う事で、最も安くポンドを現金で手に入れると、1万ポンドあたり4,500円となります。上記の11万円と比較すると、とんでもなく割安になります。外国為替証拠金取引の会社ってこんな使い方も出来るのですね。

 又、過去の例では、オリンピック開催国の通貨が高騰した事があるらしいです。1ポンド190円くらいで仕込んでおいて、オリンピック開催時に220円とかになっていたら二重に美味しいですよね。

 よっしゃぁ〜、じゃぁ、今の内からなるべく安値でGBPJPYのポジションを仕込んで準備を進めておきましょう。目指せ、2012年ロンドン五輪! なんちゃってね。

 あ、因みに、ポンドはユーロに統合される可能性があります。その場合はどうなってしまうのか、その辺の事はさっぱり分かりません。でも、逆に考えるとロンドン開催が決定したので、少なくともオリンピックまでは統合はないって事になるのでしょうか?
posted by ヒロ at 11:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4896972

この記事へのトラックバック


Excerpt: T/C)は、旅行小切手と訳されるもので、旅行者が旅の途中での安全を考えて、現金の代わりに銀行、郵便局などの小切手を所持するためのもの。銀行や両替所で若干の手数料を払って現金に両替
Weblog: 決済の手段いろいろ
Tracked: 2007-07-30 14:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。