2005年12月29日

起業のメリット

 きっと、この記事に最も関心を示される方は、「自分もFX取引で起業してみようかな」とお考えの方だと思います。もし、貴方がそんな方々のお一人ならば、先ずは、こちらの過去記事を先にお読み下さい。私の起業に対する考え方を書いています。その上で、続きをお読み下さるとありがたいと思います。


 先日、ある社長(親戚です)さんがこんな事を言っていました。

 「お前は社長だよ。社長は24時間体制で会社の事を考えてなくちゃダメだよ。だから、社長の行動は全て仕事なの。って事は、社長が使うお金は全て会社の経費なの。」

 又、

 「経費を経費として認めるか認めないかは税務署が判断する事だ。とにかく何でもいいから経費に計上しとけ。税務署がダメだと言ったら、その時に税金を払えばいい。その為にも領収証は大事にしろよ。」

 又、

 「接待交際費が上手に使いこなせないようじゃ一人前の社長とは言えないな。」


 この記事を税務署の方が読んだらお叱りを頂くかも知れませんが、誤解を恐れずに書くならば、起業のメリットの一番は、何と言っても節税効果だと思います。

 仮に、他に収入のない方が個人のFX取引で年間2千万を稼いだとしましょう。この方が支払うべき税金は1千万近くになってしまいます。勿論、扶養家族がいれば扶養控除等は受けられます。保険の控除も受けられます。しかし、最も控除額の大きい給与取得控除は受けられません。

 更に、個人でFX取引をしている場合に認められる経費は、その枠が非常に狭いですが、これが会社となると、かなり広範囲に渡って経費と認められるそうです。※私はまだ税務署の立ち入りを受けた経験がないので言い切れませんが、前出の社長さんはこの辺を力説されていました。

 細かい事は追々書いていこうと思いますが、デリケートな部分でもありますので、当たり障りのない一般論に収束してしまうかも知れません。個々のケースについてはメール等で突っ込みを入れていただければ、私の分かる範囲でお答えさせていただきたいと思います。


 しかし、本当は節税なんてのはほんの一握りのメリットかも知れません。その奥には私に計り知れない無数のメリットが存在していると思います。それらを見つけだし、享受できるかどうかは、起業家一人一人の努力以外の何者でもないと思います。例えば企業ならではの社会に対する貢献度もあるでしょう。やっぱり生き甲斐の感じられる企業に育てたいですよね。私も模索中です。
posted by ヒロ at 16:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ぜいきんシリーズ5

 意外と知られてない(私が知らなかっただけかも…)税金の計算方法です。

 所得税も住民税も、超過累進課税という方式で、所得に応じて税率が引き上げられていきますが、実は、ある一定額までは○○%ですが、それ以上の場合、その超えた金額に対してだけ△△%という別の税率になるのです。

 所得税は下記のように税率が上がっていきます。

 330万以下。10%。
 330万超〜900万以下。20%。
 900万超〜1692万以下。30%。

 例えば、1000万の所得があった場合は、

 330万×10%=33万
 (900万−330万)×20%=114万
 (1000万−900万)×30%=30万
 税額合計。33万+114万+30万=177万。

 という計算になります。

 所得税と住民税を合わせた最高税率は50%という話を聞きますが、厳密には50%には満たないと言う事なんですね。まぁ大した違いはないでしょうが…。

 尚、税額表にある「控除額」というのが、これを調整するための金額のようです。私は、収入が多いと、こんなところでも特別に控除されているのかと喜んでいましたが、全然違うんですね。

 こんな勘違いしているのは私だけでしょうか…?(^^;
posted by ヒロ at 17:40| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

起業について

 最近、ブログのアクセス数が順調に増えてきて、併せて、メールを頂戴する事が多くなりました。これもひとえにこのブログにご訪問下さる皆様、コメント下さる皆様、リンクを張って下さる皆様のお陰と心から感謝しております。ありがとうございます。

 …と同時に、ブログが与える影響力を考えると、下手に安易な事が書けないなと言う責任も強く感じております。

 とは言え、このブログも「所詮は自己満足だろう」と言われれば、それを完全否定できるものでもありません。ここに書いている事の正確性は、極力間違いの無いようにと心掛けていますが、100%を保証するものではありませんし、相場の予想(真似事)に至っては、全く素人考えの域を脱しておりません。又、起業家としてもその経験はまだ1年ちょっとのひよっ子です。

 ですから、ここで改めてお断りしておきたいのですが、決して、ここを読んで真似をなさろうとは思わないで下さい。どちらかというと批判的な目で見ていただいた方が安全だと思います。

 …と前置きした上で…。

 さて、頂戴するメールのほとんどは起業に関する相談です。メールを下さる方が安易に起業を考えているとは思っておりませんし、皆様、本当に真剣に勉強して起業を目指そうとなさっています。そうした方々に水を差すつもりは毛頭無いのですが、この機会に、今、私が感じている「FX取引で起業をする事」についての考えを、ちょっと書かせていただこうと思います。

 プロフィールにも書かせていただいておりますが、私は未だに親戚等に対してFX取引で生計を立てているとは話していません。何故かと言いますと、FX取引の経験を積めば積むほど、そのリスクの大きさを身をもって感じるからです。例えば親戚から「危ないからやめた方が良いよ」と言われてしまえば、情けないかな、それを跳ね返すだけの自信を持っていないというのが本音です。

 私の場合、たまたま運良く、起業後から円安相場が続きましたお陰で、今のところ、順調に業績を伸ばしております。でも、これは本当にたまたまだと思っています。現に、先日の円暴騰の際には数日間で700万を超える損失(正味損益ベースで)を出しております。この様にFX取引からの収益は非常に不安定です。

 起業のご相談の多くは、「今の仕事を辞めて」とか、「解雇になったから」というのが多いです。私はたまたま起業と同時に、前職場を解雇になりましたので、仕方なくこれで家族を養っておりますが、理想的なのはサラリーマンを続けながら起業する事だと思っています。

 サラリーマンが余剰資金で取り引きする場合は、たとえ損失を出したとしても、それが家計に及ぼす影響はほとんどありません。しかし、これで生計を立てるとなると、失敗=家族を路頭に迷わすとなってしまいます。この事が相場の判断に及ぼす影響が非常に大きいのです。

 極端な例えですが、サラリーマンが100万円を元手にFX取引をして、1年後に10%の10万円の利益を得られたら、銀行預金では得られない利回りに喜べるでしょう。しかし、これで生計を支えるとなると、例え100%の100万円を稼ぎ出したとしても、それではとてもじゃないが家族は養えないのです。この違いの大きさは、かなりのプレッシャーとなって相場判断を誤らせる可能性があると思います。

 少々精神状態が不安定なためか、ネガティブな事ばかり書いてしまいましたが、結論として、起業をお考えの方に申し上げたいのは、起業はあくまでも節税対策と割り切って、別に生計を支える術を残しておいた方が良いと言う事です。

 今回は、あまり考えがまとまらないままに書いてしまいました。これからも起業というテーマでの記事を徐々に増やしていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by ヒロ at 02:08| ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

実は絶不調

 頸肩腕症候群と咽頭炎で身体がボロボロになっているようです。

 そもそも、全ての原因は運動不足かなと思っております。起きている間はPC前に陣取って、ほとんど外出もせずという、非常に不健康な日々を送っている影響かと思います。

 土曜日はほとんど終日寝ておりました。昼間にこれほど寝られたのは久しぶりで自分でも驚いてます。

 皆さん、いくらFXで好成績を上げても、健康を害してしまっては元も子もありません。この季節、風邪を召される方も多いかと思いますが、健康には充分ご留意なさって、疲れている時は無理なトレードは慎むようにしませう。←と自分に言い聞かせています。
posted by ヒロ at 15:01| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

ぜいきんシリーズ4

 『デイトレード大学』という書籍をご存じでしょうか?私は個人でFX取引を始めた頃に、この書籍と出会いました。その当時は、所詮FX取引でそれほどの利益を上げるなんて無理な事と真剣には読みませんでした。現に損切りばかりで儲かる事はありませんでしたから。

 しかし、その年の後半から徐々に利益が出せるようになり、翌年も引き続き調子が良くなりました。そんな折り、お付き合いのあった税理士さんに相談させていただきましたところ、『デイトレード大学』に書かれている様な事をご提案いただいたのです。
 ※因みに、税理士さんに相談させていただいた後に、強制ロスカットに遭遇して、その年も利益を全て吹っ飛ばしてしまったのですが…(^^;

 勿論、全ての場合に於いて法人化した方が有利であるとは言い切れません。法人化するにもそれなりの費用がかかりますし、利益がゼロやマイナスであっても納めなければならない税金があります。

 でも、ある程度以上の利益が出るのなら、法人化は有効な手段の一つに間違いないと思います。少なくとも起業して満1年が経過した今、自分としては法人化は大成功だったと思えます。

 では、何故法人化が有利かと言いますと、今回のテーマである税金面に於いて様々なメリットがあるからです。他にもメリットがありますが、今回は税金面に焦点をあてて書きます。

 FX取引に於いては色々なコストが掛かります。売買手数料、振込手数料、PC購入メンテナンス費用等々です。私はその中でも最も大きなコストが税金だと思っています。もし無計画に大儲けをしようものなら、最大でその半分を持って行かれてしまうのですから…。

 そのコストを合法的に削減する手段として、個人事業主や法人化が有利なのです。

 次回は、この辺をもう少し突っ込んで書いてみたいと思います。
posted by ヒロ at 13:26| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ぜいきんシリーズ3

 ちょっと間が空きましたが、前回の続きです。

 「経費計上で所得を低く抑える」

 FX取引でも必要経費は認められています。必要経費を正しく計上する事で税金が安くなります。必要経費としては以下のようなものが認められているようです。

 ・入出金の際にかかる振込手数料
 ・筆記用具などの消耗品費
 ・電話代、プロバイダ使用料、切手代などの通信費
 ・新聞代、関連雑誌代などの図書費
 ・取引会社の社員との軽い飲食代などの会議費
 ・セミナー等へ行く際の交通費
 ・パソコンの購入費

 もしかしたら、この他にも認められるものがあるかも知れません。「これは必要経費だ!」と主張できるものは何でも計上しちゃいましょう。それを認める、認めないは自分ではなく税務署職員です。認められればラッキー、認められなければ、ただ取り下げれば良いだけです。税務署職員も計上していないものまでは、認めようがありませんからね。

 その為には、領収証は何でもかんでもしっかり保管しておきましょう。「領収証は宝くじだと思え」が合い言葉です。もしかしたら当たるかも=経費として認められるかもという発想です。又、領収証がなくても諦めずに経費計上してみましょう。担当する税務署職員にもよるでしょうが、ものによっては経費として認めてくれる場合もあるようです。あと、これも重要な要素だと思います。最も下の蛇足ではございますが…の部分です。

 ここまでは個人投資家として、今の段階で対処できる節税方法でした。次回は、一歩進んだ節税対策を紹介します。
posted by ヒロ at 12:37| ☀| Comment(9) | TrackBack(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

ぜいきんシリーズ2

 「含み損のポジションを手仕舞って利益を少なくする」について。

 個人口座では保有ポジションの評価差損益については収益に計上しない事となっています。ですから、確定利益よりも含み損が多い場合は、実際には儲かっていないにもかかわらず、確定利益に対してしっかりと課税されてしまいます。

 もし、確定利益が20万を超えていて、且つ、含み損のポジションを保有している場合には、この際に潔く損切りして確定利益額を減らしましょう。

 そもそも含み損は、多くの場合、自分の負けを認めたくない人が、いつまでも持ち続けるという性質が多いように思います。私も然りです。計画的な含み損なら良いでしょうが、思惑が外れた末での含み損では、それが含み益に転じるまでには長い年月を必要とする場合があります。私も経験してます。

 考え方を変えてみましょう。含み損という負債もなくなり、税金という損失も少なくなるのです。一石二鳥だとは思いませんか?

 前回記事にコメント(1件だけでしたが…(^^;)がいただけましたので、シリーズ化することにします。次回は経費計上についてです。

 ※私の巡回先のブログでも、たまたまタイムリーに税金について書かれてます。ここよりも一層詳細に書かれていますので参考にされるとよろしいかと思います。
 ヒラリーマン投資家の外国為替証拠金取引
posted by ヒロ at 21:38| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ぜいきん

 この季節になりますと、利益が出ている皆様に於かれましては、税金問題が大きな悩みの種になっている事であろうと思います。特に、今年のように円独歩安が進んだ年では、スワップ金利でボチボチ稼いでいこうと目論んでいた人でも、想定外の利益が転がり込んできて、当初予定していなかった確定申告などの問題も頭をもたげてきているのではなかろうかと想像いたします。

 しかし、今更、慌てふためいたところで、個人投資家としてこれから取れる節税対策は、高が知れているのではないでしょうか。私は税の専門家ではないですので、どれだけ的を射た事が書けるか分かりませんが、考えられるところとしては…。

 ・含み損のポジションを手仕舞って利益を少なくする。
 ・経費計上で所得を低く抑える。

 この2つくらいしか思いつきません。

 次回は詳細について書こうと思いますが、このテーマに関心が多いようでしたらシリーズ化も考えています。ご意見をお寄せいただけると幸いです。

 ※FX取引の確定申告についてはこちらのサイトが参考になるかと思います。
posted by ヒロ at 13:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日入院

 2日明け方3時頃就寝する時に、ちょっと調子悪いかなと思っていましたら、2日8時頃に熱を計ると39度くらいありまして、それが昼頃には41度近くまで上昇したので、妻に促されつつ病院へ行ったら咽頭炎との診断。そのまま夕方6時頃まで点滴のため入院(?)してきました。

 タバコやめなあかんかなぁ〜。

 ってなわけで、およそ24時間相場から離れておりました。良く動いていたようですね。
posted by ヒロ at 02:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

長期保有ポジ手仕舞い

 ドル円がついに120円に乗せました。本当にここまで上昇してくるとは、今年1月の101円台の時には想像すら出来ませんでしたよね。

 そんな中…。

 実は、FX取引を始めた初期の頃から持ち続けていた塩漬けがありました。2003年の4月30日に仕込んだUSDJPYの119.65ロングです。

 このポジションが、この度の120円乗せで約2年7ヶ月ぶりに、めでたく利益確定と相成りました。スワップ金利に至っては実に55,739円になりました。

 しかし、これはあまり褒められたやり方ではないですね。保有している間には約18万円もの含み損を抱えた時期がありましたし、このポジションの為の証拠金を有効に運用していれば、もっと大きな収入が得られたでしょうから…。

 ま、それでも、FX取引を外貨預金の発展形として捉える事の有効性は証明できたかも知れません。

 拘束されていた証拠金は10万円で、最大含み損に耐えるために18万円を継続的に拘束されていたとしても、28万が生み出した金利として年利換算すると7.7%にもなるのですから…。

 本当は130円まで持ち続けようかと思っていたのですが、再び含み損になる事を考えると…。
posted by ヒロ at 21:31| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXCMjのポジション保有期限

 先頃、「金融先物取引業者」の登録が完了したFXCMジャパンですが、

■登録番号: 関東財務局長(金先)第57号
■登録年月日: 平成17年11月29日
■金融先物取引業者の名称: 株式会社FXCMジャパン
■加入予定の金融先物取引業協会等業界団体: 社団法人 金融先物取引業協会

 来年1月からポジションの保有期限を最長1年間とする、と定められていた約款が変更になりまして、本条項については削除となりました。

 やっぱり、反対する意見が多かったのでしょうかね。

 これで、FXCMジャパンでも長期的な展望での取引が出来るようになりました。ま、それでも、なるべく塩漬けは作らずに、思惑と外れたと判断した時は、潔く損切りした方が良いのでしょうね。
posted by ヒロ at 18:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXAユーザーはご注意

 こんなタイトルにすると吃驚されてしまうかも知れませんね。驚かせてしまって申し訳ないです。でも、一部のFXA証券ユーザーにとっては重大問題なので…。

 その問題とは…。

 FXA証券では、来週(12/4〜)から従来のアクティブ口座がユニバーサル口座へと移行します。

 アクティブ口座では1万通貨単位につき使用証拠金が1万円でした。これがユニバーサル口座へ移行しますと、100万通貨単位以上のポジションを保有した場合に、100枚を超えたポジションについては、1枚辺りの使用証拠金が1.5万円となります。更に、500万通貨単位以上だと1枚辺り4万円の証拠金が必要となります。即ち、レバレッジの上限が低くなると言う事です。

 具体的にどういう問題が起きるかと言いますと…。

 例えば、300万の資金で200枚のポジションを保有している場合、従来のアクティブ口座では、

残高300万−使用証拠金200万=可能証拠金100万

ですので、100万円までの含み損には耐えられます。しかし、ユニバーサル口座に移行すると、

残高300万−使用証拠金300万=可能証拠金0万
残高300万−使用証拠金250万=可能証拠金50万

となり、この時点で強制ロスカットの対象となってしまいます。
となり、強制ロスカットまでの余裕が少なくなります。

 もし、100枚以上のポジションをお持ちの方は、それなりの対応をしなければならないと思います。

 私の場合、一気に200万以上も可能証拠金が減る事になります。この辺の事も考慮して今後の資金管理をしていきたいと思います。

 記事に誤りがありましたので訂正しました。もし、ご迷惑をお掛けした方がいらっしゃいましたら、深くお詫び申し上げます。2005/12/05記す。
posted by ヒロ at 13:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

投資信託

 今日はFXではない話です。

 日経平均がザラ場ベースで15000を回復しました。2000年12月以来だそうです。

 株式の方にも進出したいと思っていたのですが、完璧に乗り遅れてしまったような感があります。日経225先物などにも手を出してみようかと思っていましたが、今の水準から取り組むのは、ドル円に手を出すのと同じような勇気が要るように思います。一度は大きな調整が入るであろうと期待しているのですが、これまた、ドル円と同じように大した調整もなく、ずんずんと上昇しております。

 そんな中でも、実は、容易に手を出せる投資信託には取り組んでいました。先月25日にいずれも日経平均に連動した投資信託3商品に少額ずつ投資しました。調整が入ったら買い増そうと目論んでいましたが、そのまま上昇し、今現在、3つ合わせると15%の利益が発生しています。

 FX取引の中での分散投資も必要ですが、今後はその他の分野への分散も考えていった方が良いようにと思います。
posted by ヒロ at 15:57| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

プライスアラート活用の奨め

 最近、FXA証券を使う人が増えてきたように思います。私が取引を始めた頃は、旧FxAsiaで取り引きしている人ってほとんどいませんでしたから、仲間が増えたようで大変嬉しく思います。

 そこで、これから、時々、気が向いたら、人気の高い『Chart Trader』の使い勝手などについてもレポートしていこうと思います。

 FXA証券の『Chart Trader』の売りは何と言ってもテクニカル分析の豊富さでしょう。しかし、私にはテクニカル分析を使いこなせるだけの知識がありません。そこで、今回は以前にも書いた事がある「プライスアラート」についてです。

 私のPCは仕切指値の5〜10pips手前まで近付くと、萌え系の声で「もう少し」とアナウンスしてくれます。そして、仕切指値が約定すると「おめでとうございます」と女性が囁いてくれます。

 これって、結構、楽しそうじゃありませんか?

 設定は非常に簡単です。

 設定したいレートにカーソルを置き、右クリックからコンテキストメニューの「プライスアラート」を選択します。そして、「音声ファイル」というところに、お気に入りのwavファイルを設定するだけです。

 私は、「WEB WAVE LIB」で気に入ったwavファイルをダウンロードして使ってます。上記以外に、「見事じゃの〜」とか「大丈夫ぅ?」なんてのも使ってます。

 FXA証券を使っている人は一度お試しあれ。殺伐とした相場環境が、ほんわかムードになりますよ。

 この機能って、複数の通貨ペアーで取り引きしている人には便利ですよ。又、音声で知らせてくれるので、チャートに張り付いている必要が無くなるから、時間を有効活用できると思います。

 因みに妻はあきれております。ご家族が近くにいらっしゃる場合は、控えた方がよい場合もあるようです。(笑)
posted by ヒロ at 20:17| ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100万が10億

 会社を設立して、ここまで順調に収益を上げてこれた一番の要因はUSDJPYの急上昇だと思います。特にショート(スワップ金利を支払うポジションという意味で)を原則的に持たない手法でここまでこれたのは、たまたま円安トレンドに遭遇できたからに他なりません。

 要するに私の実力ではなく、たまたま運が良かっただけです。

 では、これに実力&ど根性が伴っていたらどの様な成績になっていたかを検証してみました。即ち、今回のUSDJPY上昇トレンドで、抜群のポジション取りをしていたらどうなっていたか…です。

 資金を100万、最高レバレッジ50倍という想定の元、あり得そうなポジション取りで、スワップ金利と手数料を無視して試算してみました。

 1/17に102.00で40枚→2/10に106.00で仕切。+160万。残高260万。
 2/22に104.00で100枚→4/5に108.00で仕切。+400万。残高660万。
 5/4に105.00で300枚→6/1に108.00で仕切。+900万。残高1,560万。
 6/7に107.00で700枚→7/20に113.00で仕切。+4,200万。残高5,760万。
 7/21に110.00で2500枚→8/8に112.00で仕切。+5,000万。残高10,760万。
 9/2に110.00で4000枚→10/6に114.00で仕切。+1.6億。残高26,760万。
 10/7に114.00で8000枚→10/13に115.00で仕切。+8,000万。残高34,760万。
 10/27に116.00で10000枚→11/7に118.00で仕切。+2億。残高54,760万。
 11/14に118.00で20000枚→11/15に119.00で仕切。+2億。残高74,760万。
 11/25に119.00で30000枚→もし120.00で仕切れたら。+3億。残高10億超え。

 凄いです。100万円が1年未満で10億円です。

 きっと、広い世の中にはこの様な実績を上げていらっしゃる方も存在するのでしょうね。私の成績など足元にも及びません。来年発表の長者番付ではFX取引で収益を上げた人がランクインする可能性も決して否定できないのではないでしょうか。

 こんな馬鹿な事を考えるのは私だけ…?
posted by ヒロ at 13:11| ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

YBBのADLSモデム

 最近、Webページの表示が遅くなってきたと感じていました。

 PCの不具合か? とHDDのデフラグをしたり、ドライブCのディスクスペースを広げたりしてみたのですが、若干早くなったかなと思う程度で、ほとんど効果がありませんでした。

 そして、とうとうWebページがまともに表示されなくなってしまいました。

 そこで、回線速度を測定するサイトでスピードテストをしてみたところ、0.5Mbpsしか出ていない事が判明。以前は2Mbps以上出ていたはず…。

 どう考えてもおかしいですよね。と言う事で、ADSLモデムの電源を入れ直してみたところ、すこぶる快適になりました。同様のスピードテストでも3Mbps超えの速度が出ました。

 因みに、我が家はYahooBBの8Mbpsタイプです。

 皆様も遅いなと感じたら、モデムの電源を入れ直してみたら如何でしょう。
posted by ヒロ at 16:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

このブログについて

 ようこそ、ブログ「起業家の独り言」にお越し下さいました。

 このブログの本当の目的は、サブタイトルにもあるように、起業家としての「悩み」「迷い」「苦悩」「奮起」等を赤裸々に告白する事にあるのですが、現状では、FX(外国為替証拠金)取引をする上での「悩み」「迷い」「苦悩」「奮起」等を赤裸々に告白するブログになっております。

 記事では、取引内容を公開したり、戦略などを書いておりますが、これらはすべて私が自らの投資行動を見直すために書いているものです。従いまして、お読み下さる方が参考にされるのは結構ですが、記事を鵜呑みにするのだけは絶対にお辞め下さい。

 記事内容については間違いの無いように充分気を付けておりますが、間違っている事があるかも知れません。又、取引手法等については、私の資金力、環境、時間軸、精神力等に合わせて、私が独自に考えているものですので、万人にとっての効果については、それを保証するものでは一切ありません。更に、記事はFX取引そのものを推奨しているわけではありません。

 投資行動はその全てに於いて、あくまでも自己判断、自己責任のルールに則って行って下さい。記事を読んでの投資行動で大きな損害を被ろうとも、私には一切の責任はありません。

 …とは言え、私も自腹を切ってFX取引に取り組んでおりますので、その姿勢は真剣であります。記事が皆様の資産運用の一助になれるよう努力しております。記事をお読み下さり、参考になったとか、逆に間違いなどに気付きました時は、どうぞ遠慮無くコメント及びトラックバックしていただけると幸いです。その際は、最近の記事に拘らず、過去の記事に対するコメント等も大歓迎です。※記事の表題部分をクリックすればコメント欄が現れます。

 まだまだ文章表現が下手くそで読みにくい箇所も多々あろうかと思いますが、その辺は皆様の読み上手でカバーしていただきまして、これからも末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
posted by ヒロ at 06:10| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

頸肩腕症候群

 今日、医者から「頸肩腕症候群」との診断を受けました。

 以前にスポーツ倶楽部へ行った事を書きましたが、その頃から、右肩を中心に首などに痛みと痺れを感じる事がありました。

 ここ1ヶ月ほどは痛みもなくなり、治ったのかなと思っていたのですが、先週後半から再び痛み出しましたので、悪い病気じゃなければよいのだが…、40肩と診断されれば安心できるし…、と、思いまして、バイト帰りに病院へ行って来ました。

 レントゲンを撮ってもらって、診断の結果は、「頸肩腕症候群」との事でした。因みに、40肩とか50肩とは、全く違う症状との事です。

 どんな病気か?は上をクリックしてもらえばわかりますが、主に過労が原因になるようです。それと、私の場合は、「姿勢」が第一の原因になっているのではないかと思います。

 この仕事をしてますと、PCに向かっている時間が非常に長くなります。椅子に正しい姿勢で腰掛けてキーボードに向かっていれば問題ないのでしょうが、ついつい猫背になって頭だけ持ち上げている姿勢になってしまい勝ちです。特に、目が弱くなってきてからは頭を前につきだしてモニターと睨めっこするので、特にその傾向が強くなっています。

 尤も、これは病気ではなく、基本的には異常なし。加齢、過労からくる症状を総称した呼び方との事でしたので、先ずは一安心となりました。

 痛みに我慢できなくなったら飲んでくださいと貰った薬を飲んだら、若干楽になりました。

 皆さんも、姿勢には充分お気を付け下さい。
posted by ヒロ at 22:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

動いてる

 午前様にならずに帰ってきました。

 帰途、携帯でレートをチェックしたら若干ですが動いているではないですか。今夜はこのまま動いてくれるのでしょうか。USDJPYは今夜にも119円に手が届いてしまいそうです。

 焼き肉を食べながら、ちょっとだけFXの話をしたのですが、前職場の同僚から、「友人で投資したいと言っている人がいる」という話を聞きました。自分でFXをするのではなく、私に資金を託したいとの事。

 法律上の問題等詳しい事は分からないのですが、そういう事が可能なのかどうか、今度調べてみようと思います。
posted by ヒロ at 23:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

デート

 今日はむちゃくちゃ若いギャル(5才)とデートしてきました。

 劇団銀河鉄道のぬいぐるみミュージカル、『かさじぞう』と『さんまいのおふだ』を見てきました。

 上の娘を連れて行った時もそうでしたが、劇場に入る段階で「恐いよぉ〜」の連発。『かさじぞう』は、心温まるおじいさんとおばあさんの話だったから良かったのですが、『さんまいのおふだ』ではいたずら坊主が山姥に追いかけられる内容で、ポスターを見た時点で怯えておりました。

 内容は、なるべく子供達を怖がらせないようにコミカルになっていたのですが、それでも、娘は何か感じたようで、帰り道は非常に良い子にしていました。

 『さんまいのおふだ』のあらすじ。

 いつもいたずらばかりの小坊主が和尚に言われて一人で山へ花を摘みに行ったのだが、言いつけを守らなかった為に、山姥に喰われそうになり逃げ回るという内容でした。
posted by ヒロ at 19:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。