2005年11月09日

勉強中!

 今日、明日はアルバイトです。幸い、日中の値動きがほとんどないので何とか凌いでいます。ポジション数も若干ですが減りました。レバレッジは20倍を大きく下回っています。

 それでもやっぱりきついですね。夜中に起きていられなくなりました。夕べも0:30には就寝してしまいました。余りにもFX取引に響いてくるようなら考えものかなと思っております。

 でも、以前に書いたように、私の会社の事業内容と相通じるところがありますので、賃金をもらいながら勉強させてもらっているつもりで頑張ってみようかと思います。

 社長は40代の息子がいる年代の方です。この年代の方にしては珍しくIT関係に精通している方です。私の会社の話をしたら、Webページ制作を請け負うなら、javaやcgiくらいは作れるようにならなくてはダメだと渇を入れられました。

 いやぁ〜、もう年齢的にも新しい事へのチャレンジは難しいですと言うと、まだまだと言われ、社長は40を過ぎてからPCを触って独学でここまで来たのだという話を聞かせていただきました。凄い人のようです。しばらくはこの社長に弟子入りのつもりで…なんて考えています。

 今日は、使った事のないAdobe Illustratorで仕事をしてきました。使いこなす事は到底無理でも、何となく使えるもんですね。明日も頑張ろうっと!
posted by ヒロ at 20:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

法人のメリット

 最近、立て続けに法人設立をお考えの方からコメントをいただきました。

 法人にするメリットはいろいろあると思います。反面デメリットもあります。

 設立してから既に1年が経過しているのですから、そろそろ、その辺の事もまとめてレポートしなければならないなぁ〜と思っております。

 私の中でメリットとして最も大きいと感じているのは税金の問題です。

 ただ、今のところ、第1期目(5月決算)の法人税を納めているに過ぎず、今年の年末調整or確定申告が完了してみない事には、実際にどれだけの違いが出るのかハッキリしません。

 もう少しお時間をいただいてレポートをまとめたいと思います。悪しからずご了承下さい。

 ただ、税金の事に関してはかなりデリケートな部分でもありますので、どこまでご披露できるか解りません。もしかしたら全くご期待に添えない事もあるかも知れません。
posted by ヒロ at 21:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいまぁ〜

 と言っても、特別遠いところへ行っていた訳じゃなく、アルバイトから帰ってきただけなのですが、これまで約1年間、四六時中為替どっぷりの生活をしてきましたので、出勤するって事が新鮮であると同時に、やっぱり、少々しんどくも感じています。

 今日の作業を張り切りすぎましたら、明日やる事が無くなってしまったので、明日は出勤しなくて良くなりました。

 やらなくてはならない自社の仕事も溜まっているので、明後日の朝まではそっちに専念しようと思います。
posted by ヒロ at 19:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

タイミング悪し

 セントラル短資が良いという話を良く聞くので、昨夜、口座開設の手続きをしたんですよ。

 そしたら、今日、為替王さんのブログでもセントラル短資に触れていて、為替王さんのブログから口座開設するとクオカード500円分が貰えるとの事。

 ちょっとタイミング悪かったですね。クオカードもらい損ねてしまいました。残念!

 セントラル短資はスワップ金利も多いようなので、超超長期保有で挑もうかな何て考えています。勿論、高金利通貨買いで…ね。

 それにしても、クロス円、もう少し円高に振れてくれないと、やっぱり仕込みにくいですね。

 今日は予定通り庭木の手入れをしました。随分久しぶりだったのでかなり茂っていましたが、綺麗さっぱりにスッキリしました。雨が本格的に降る前に終わって良かったです。

 さぁ、あと数時間で市場が動き出します。どんな1週間になるでしょうね。
posted by ヒロ at 20:47| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

週末は平和

 週末はチャートを見てもレートが動かない寂しさはありますが、反面、レートを気にしないで過ごせるので大変気楽で結構です。

 今日は、子供達を連れて、ほぼ1日中公園で過ごしました。

 ポカポカ陽気の元、お父さんは日頃の寝不足を解消すべく、子供達のはしゃぎ声を子守歌代わりに、ゴロンと昼寝をしてました。

 夜は、FX関連ブログを読み漁ったり、日頃まとめきれない自分の考えを整理したりと有意義に過ごしました。

 明日は庭木の手入れをしようと思っています。

 平和ですね。
posted by ヒロ at 23:27| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

飲まなくなりました

 今日は前職場の仲間とボウリングに行って、その後、飲み会の予定だったのですが、愛妻が泊まり掛けの同窓会(と言うか、ただ高校の時の友達と遊びに行くだけ)に出掛けてしまったので、私の遊びはキャンセルして子守をする事になりました。先程やっと寝かせ付けました。

 全職場の仲間とのボウリング&飲み会は1〜3ヶ月に1回ほどの割合で行くのですが、行くと決まって電車がなくなるまで飲んでます。そして、我が愛妻が来るまで迎えに来てくれて、飲んでいたメンバーをそれぞれ自宅まで送ってから帰宅となりますので、遅い時は夜中の3時とか下手すると4時頃になります。

 以前(解雇になる前)はもっと頻繁に飲みに行ってましたし、自宅でもほぼ毎日のように飲んでいたのですが、FX取引が収入のメインになってからはめっきり飲む量が減りました。以前は4リットルの焼酎が1ヶ月以内に空いていたのですが、今では1年経っても空きません。

 これが身体にとって良い事なのか…。肝臓にとっては良いでしょうが、きっと精神的なストレスは比較できないほど増えていると思います。

 もうちょっと余裕のある日々を送りたいものだと思っている今日この頃です。

 さぁ、雇用統計の発表です。

 米10月失業率は5.0%、同10月非農業部門雇用者数は、予想+12.4万人のところ、+5.6万人でした。

 一瞬上下にぶれましたが、一気に片一方には動きませんでした。この結果が、今後どの様に影響してくるのでしょうか…。
posted by ヒロ at 22:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

名目残高と正味残高どっちが重要?

 皆さんは自分の資金力を把握する際に、名目残高と正味残高のどちらを見て判断しますか?

 取引業者によっては、毎日値洗いして正味残高だけを提示しているところ(GFT系?)があるくらいですから、正味残高をもって自分の資金力を判断するべきなのかとも思いますが、そうすると含み益を多く抱えている時に自分の資金力を過信してレバレッジを掛けすぎてしまうのではないかという不安が生じます。逆に含み損を大きく抱えていても、名目残高がこれだけあれば大丈夫なんて過信して強制ロスカットに遭遇する危険性もあります。

 例えば(少々極端な例えですが)、レバレッジ10倍を目安にして取り引きしてるとします。※手数料、スワップ金利を無視します。

 元手が100万円で、USDJPYを100.00の時に10万通貨単位仕込みました。これでレバレッジはちょうど10倍です。

 その後、USDJPYが105.00になりました。すると、名目残高は100万のままですが、正味残高が150万になります。この時、名目残高に対するレバレッジは元のままですが、正味残高に対するレバレッジは7倍になります。

 名目残高を重視する場合はこのままにしますが、正味残高を重視する場合はレバレッジに余裕が出来たので4万通貨単位増やしてレバレッジを約9.5倍に引き上げます。

 この後、更に110.00へと上昇した時に全てを仕切った場合、名目残高派は+100万に対して、正味残高派は+120万になります。正味残高派の方が有利ですね。

 しかし、その後、100.00へと下落した時に全てを仕切った場合、名目残高+-0なのに対して、正味残高派は-20万になってしまいます。名目残高派の方が有利です。

 次に、全く同じパターンで、先に下落した後に元に戻ってきた場合を検証してみますと…。

 USDJPYが95.00になった時に、名目残高派のレバレッジはそのままですが、正味残高派はレバレッジが20倍になってしまったので、10倍に戻るまでポジションを半分に縮小します。

 その後、更に90.00まで下落した時に全てを仕切った場合、名目残高派は-100万でポジションゼロになるのに対して、正味残高派は-75万になります。正味残高派が有利です。

 ところが、95.00まで下落した後、100.00まで戻った場合、名目残高派は+-0になるのに対して、正味残高派は-50万になります。名目残高派が有利です。

 う〜ん、どっちが有利なのでしょう。

 「今のポジション」で紹介している口座では、現在、含み益が1300万を超えています。ここで正味残高を重視してポジションを増やした後、更に、思惑方向へ進んでくれればボロ儲けとなるのですが、逆になった場合は含み益が限りなくゼロになり、下手するとレバレッジの掛け過ぎから強制ロスカットなんて事にもなりかねません。

 明快な結論は出せませんが、個人投資家は負けない事(資金を減らさない事)が勝利への最も近道だと思いますので、より多くの儲けを期待せずに、含み益状態では名目残高重視で、含み損状態では正味残高重視にしておいた方が無難かなと思います。

 資金管理って本当に重要&難しいですね。
posted by ヒロ at 08:02| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

不労所得?

 投資で不労所得を得て優雅な生活を送りたい。という事を見聞きする事があります。

 えっ?ちょっと違うんじゃな〜い?って思います。

 不労所得って宝くじに当たったとか、何かの懸賞に当たったとか、そう言った類のモノで、外国為替証拠金取引を含めた投資業で優雅な生活を送るためには、それなりの労働が必要になるのではないかと思います。

 私の会社は、私の自室に位置してます。ですので、朝起きたらそこが職場で直ぐさま仕事(PC画面と睨めっこ)に取り掛かり、食事したり休憩する時以外はほとんどモニターの前に陣取っています。又、食事や休憩の時もアラームをセットして常に値動きが把握できるようにしています。

 だいたい、平日は朝6時に起きて、就寝は早くても夜中の1時頃。徹夜になる事も月に2、3回はあります。昼寝をする事もありますが、夜中就寝中でも途中に1回は目覚めてチャートを確認することもしばしばです。週末にはたっぷり休養を取るように心掛けていますが、それでも平日の生活サイクルがこんなんですから、4時間以上継続して寝られる事は滅多にありません。時には、命を削ってトレードしていると思う事すらあります。

 私のトレードの仕方が未熟故かも知れませんが、決して不労所得では家族を養っていけないと思います。

 それでも、やっぱり不労所得で優雅な生活って夢ですよね。チャートを見るのは月に1回程度…みたいな感じで。でも、その為には最低でも資金が1億円程度はないと難しいのではないかと思います。いわゆる、完全スワップ派(金利生活夢物語)になれば良いのですが、これとて取引会社倒産リスクなどを考えたら絶対とは言えないですね。きっと、二重、三重にリスク回避策を企てたとしても、生涯にわたった優雅な不労所得生活なんて保証されないんだと思います。

 そう、正に夢物語です。夢だから良いのだと思います。実現してしまったら、それはそれで結構虚しいような気がしないでもありません。もし、私が夢物語を実現してしまったら、次は肉体労働をしたくなる気がします。例えば、山林を買って、そこを小型重機を使って自分の好きなように開拓して、誰もが自由に遊びに来られる楽園を作ってみるなんて楽しそうですよね。

 確かに、今は若干儲けさせてもらっています。でも、これが未来永劫続くとは思っていません。ここをご覧になっても、「よっしゃぁ〜、俺も一儲けしてやろう」と安易に外国為替証拠金取引に手を出されない方が良いと思います。先ずは最低でも100万円以上、今すぐ目の前から無くなっても良いお金がある時に限って、取り組まれる事をお勧めします。そして、100万円が500万、1千万と増えたら継続すれば良いし、100万円が無くなったら、あっさりと撤退された方が良いと思います。

 私は今の会社を起こした時に、1千万円の損失を出したら撤退すると心に決めています。この最終ルールが適用される日が永遠に来ない事を祈るばかりです。
posted by ヒロ at 11:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

税理士さん

 昨日いただいたコメントで、「税理士さんに相談もしてみましたが、ヒロさんが書かれているようにまだまだ為替はギャンブルとしかみてもらえないようです。」というのがありました。この税理士さんが仰る事も至極当然だと思います。

 私がお世話になっている税理士さんは、前職場の時からお世話になっている先生でしたので、会社を設立するか悩んでいる時に、先ずはこの税理士さんにご相談させていただきました。私は税理士さんから「やめたほうが良い」と言われるだろうと予想していたのですが、反応は全く逆でした。勿論手放しで賛成して下さった分けじゃないと思いますが、私の取引に対する考え方などもお話ししましたら、あなたなら大丈夫でしょう。と言うようなお答えをいただいたと記憶してます。その上で、個人で取り引きするより法人で取り引きする方が税の上では有利になる事があるとアドバイスして下さいました。

 税理士さん選び(私の場合は選ぶも何もその税理士さんしか知らなく、選択の余地など無かったのですが…)って大切だと思います。私はそう言う意味では本当に恵まれていたと思います。お陰様で、第1期から黒字決算が出来ましたし、今期もこの調子なら黒字になりそうな感じです。

 何せ、この業種は初期の設備投資(最低限、PCとインターネット接続の環境さえあれば)に掛かる費用が安く抑えられるのがメリットだと思います。これである程度利益が出たら(資金が溜まったら)、次の事業展開を考えていこうと思います。無理なく着実にマイペースで…。
posted by ヒロ at 11:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

為替はギャンブル?

 ブログの下の方にあるプロフィールにも書かせていただいておりますが、私は未だに、極一部の親戚知人を除いては、自分が「外国為替証拠金取引で生計を立てている」と大きな声では言えません。それは、マスコミなどの影響で、為替=危険というイメージが根強く、敬遠されてしまうからです。このブログも一応匿名でやっています。

 「外国為替証拠金取引は所詮ギャンブルだ」と言う方もいらっしゃいます。

 確かにそうですね。ハイリスク+ハイリターンを求める外国為替証拠金取引はギャンブル性が高いと言えるでしょう。

 でも、世の中の事をよーく観察していると、リスクとリターンという観点で物事を捉えて見た時に、人生なんてそのものがギャンブルなんじゃない?って思えます。

 私は昨年、それまで12年勤めていた元の職場を解雇になりました。その職場は給与が人事院勧告に寄る給与表に基づいて人件費が支給される、いわば、どちらかというとお堅い職場でした。30歳を過ぎて+結婚してからの就職でしたので(それまではアルバイト程度の収入しかありませんでした)、これで安心して子供を作って家族を養っていけると思い、一生懸命誠実に職務に励んでいました。

 ところが、世の中には他人の一生懸命を疎ましく思う人っているんですね。私の場合はその人が不幸にも直接の上司でした。私が良かれと思ってした事でも、その人はことごとく潰しに掛かるのです。そして、挙げ句の果ては、気に入らないからとお払い箱です。

 愕然としました。これ以上の裏切り行為なんてこの世に存在するのかぁ。そして、人間不信に陥り、数ヶ月は何も手に付かない状態になりました。

 そうです。サラリーマンでさえ常に大きなリスクを抱えているのです。そう言う意味では就職だってギャンブルと言えるでしょう。又、物販業などはギャンブル以外の何者でもないと思います。100%売れる保証がないままに仕入れて販売するのですから、為替の取引とどこが違うのかとさえ思ってしまいます。極端ですが、子供を作るのだってある意味ギャンブルと言えるかもしれません。先日もインドネシアのバリ島で新婚旅行中の夫婦がテロの被害に遭われました。幸せの絶頂が一瞬にして地獄です。こんなリスクだってあるのです。そう考えると、この世に生を受けている事自体がリスクの固まりではないかと思えます。

 でも、誰もが幸せになりたいがために、ある程度のリスクには目をつぶりながら、大きなリスクを避けながら、人生を謳歌(ギャンブル)しているのではないでしょうか。私は今、経済的拠り所を外国為替証拠金取引に求めています。確かにハイリスクですが、極力リスクを抑えるためにあれこれと手段を講じています。そして、幸いにもサラリーマンをしていた頃よりは数倍多い収入を得て、妻と3人の子供を養っています。勿論、これが永久に継続されるとは思いません。いつか大失敗してこの世界から退去しなければならないだろうと覚悟してます。でも、それが分かっているだけでも、定年までのんびりサラリーマン生活に漬かっていられる人よりはリスクを考えていると思います。

 とは言いながらも、未だに会社の説明をする時も「ネット関連の仕事」等と誤魔化していたりします。受けなくて良い誤解を自ら進んで受ける必要はないですからね。でも、万が一、このブログが20年も続いた暁には、ちゃんとルールを守って正しく(?)運用していれば外国為替証拠金取引は大変優秀な資産運用方法であると、本名を明かして公言したいと思っています。

 その前に「死ぬ」という大きなリスクを回避できれば…の話ですが…。
posted by ヒロ at 20:59| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

リスク管理が甘かった

 今朝は予定通り6時過ぎに出発して眠い目を擦りながら小田原へ行って来ました。9時前に一通りの仕事を終えたので、箱根湯本で9時からやっている立ち寄り湯でゆっくりしてこようと向かう途中、立ち寄ったコンビニでサンドイッチとおにぎりを頬張っている時に、ニューヨークで地下鉄の爆弾テロ脅迫があったとの報道が入ってきました。

 お陰で、入浴中も為替の事が気になってしまい、その温泉施設(天山湯治郷)には綺麗な畳敷きの無料休憩所もあったのですが、入浴だけ済ませて早々に帰ってきました。帰る途中、経済ニュースでUSDJPYが113.30付近である事を知って少し安心、と共に、慌てて帰ってきた事を後悔しました。もっと冷静に情報を収集してから帰ってくるかどうか判断すべきでした。

 ところがこういう時に限って情報を得るツールを持ち合わせていないんですよね。短時間の出張だから大丈夫だろうと高をくくっていた事が、裏目に出てしまいました。反省!

 因みに、温泉は良かったですよ。岩風呂、檜風呂、露天風呂、水風呂など6つの浴槽があり、その他に、サウナではなく窯風呂(初体験。面白い形をしてました)がありました。朝9時〜夜11時まで1日中入浴してても1,200円でした。
posted by ヒロ at 17:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は留守します

 明日、早朝より別の仕事で小田原まで行く予定です。目的地から車で10分ほどの所に温泉があると聞きましたので、仕事が済んだら温泉にでも浸かってこようと思っていたのですが、ちょっとヤバイ状況になってきたので、のんびりと、ってわけにはいかないかも知れませんね。

 6時頃に出ていくつもりなので早く寝たいのですが、相場が気になって…。あれから更に30〜40万正味残高が減少しています。でも、居眠り運転でもして事故を起こしてしまっては元も子もないので、そろそろ寝るとします。
posted by ヒロ at 02:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

損切りは重要

 今取り引きしている口座では、幸いにして損切りした事がありません。おっと、正確には1度だけ指値ミスで損切りした事がありますが、意識的に損切りした事はありません。

 これは本当にラッキーな事だと思いますが、反面、損切りしないばかりに大きな含み損を抱えている通貨ペアーもあります。USDCADがそれです。今はほんの少し値を戻していますが、つい数日前は352万を超える含み損でした。これさえなければ今頃含み益はとっくに1千万を超えていたのに…。

 だったら、さっさと損切りすれば良いのですが、どうも損切りは私のスタイルに合いません。あれれっ?タイトルで言っている事と違うじゃない。ははは…、確かにそうですね。損切りは損失を拡大させないための重要なツールです。それは間違いでしょう。でも、時には犬死にを誘発するとんでもないツールにもなりうるのです。

 こんな経験はありませんか?例えば今のUSDJPYの場合、直近高値の113.69を超えたところで、これは一気に115.00まで上昇しそうだと114.00でロングを仕込んだとします。その後順調に114.40までは上昇しました。もう一息で115.00だぞ。でも待てよ、もし115.00壁に押し戻されたら112.00付近まで下落してしまうかも知れない。ここは、安全策を取って113.50にストップを設定しておこう。

 今のところ、113.56までしか下落していません。このまま115.00を突破すれば大成功!って事になりますが、もし、たまたまあと6pips下落していたら5千円の損失を出してポジションが無くなってしまいます。今、113.70付近です。この後、予想通りに112.00まで下落するかも知れません。もしかしたら、110.00を割り込む可能性だってゼロではないでしょう。そうなれば、5千円の損失で済んで本当に良かったと思えますよね。じゃ逆に113.50まで下落してストップの指値が約定された直後に115.00を超えたらどうでしょう。こんな悔しい事はないですよね。私も過去にはこんな苦々しい思いを何回も繰り返してきました。変なモノで損切りすると反転するんですよね。

 …で、今の私はどうしているか。113.50と133.00と112.50から10pipsずつロングの指値を仕込んでいます。きっと順張りの方から見れば「とんでもねぇ奴だな〜」と思われるかも知れません。でも、私は109.00まで下落するより115.00を超えて上昇する方の確立が高いと思っているのです。だから、下がった時こそ絶好の仕込み場所なのです。

 但し、この場合、資金管理がしっかり為されていないと、強制ロスカットに遭遇するなどとんでもない事になります。それを避けるために損切りは重要なツールなのですが、資金に余裕があり強制ロスカットの可能性がないのなら、次の儲け所に備えて、仕込み直すのも一つの方法だと思います。

 要するに、損切りポイントに悩むよりも、資金管理に重点をおいてトレードする方がより良い成績を得られるのではないかと言う事です。時々、しっかりストップを設定した上で、一か八かで満玉張っている人を見掛ける事がありますが、儲かった時は大きいでしょうが、長い目で見た時に、こうした人は長続きしていないように思います。

 上がったら利食いで喜べて、下がったら仕込み時で喜べるような、そんな余裕のあるトレードを心掛けたいと思います。あくまでも理想論ですけどね…。

 さて、この後のUSDJPYの行方は…。

 あ、USDCADですが、今後も全く損切りしないと言う事ではありません。含み損が1千万を超える前には損切りしようと思っています。尤も、そこまで下落すると予想していないので、現時点では含み損に甘んじているのですが…。

 この手法には賛否両論あると思います。今度は、絶対にストップを設定すべきと思わせる事例を書こうと思います。
posted by ヒロ at 16:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

体調悪い

 風邪を引いてしまったのか調子悪いです。

 今日もほぼ1日布団の中にいました。
posted by ヒロ at 19:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

岡本倶楽部その後

 この記事へのコメントは受付終了しました。続きは…、

 「岡本倶楽部その後のその後」

 で、お願いいたします。 2006年8月22日追記




 岡本倶楽部については皆さんご関心があるようで、今でも、ほぼ毎日のようにこの記事へのアクセスが絶えません。私も大変関心がありますので、今後も注目していきたいと思います。岡本倶楽部に関する情報をお持ちの方は、是非とも引き続きコメントをお願いいたします。            
2005年12月21日追記



 今日、『王様のブランチ』で「名湯と豪華海の幸づくし伊豆で厳選1万円以下の宿特集」の中で熱川の岡本ホテルが出てきました。予約の時に「王様のブランチで見た」と言えば、ズワイガニ食べ放題一泊二食通常10,980円が8,800円になるとのこと。

 あれっ?岡本ホテルのHPで料金案内を見ると、普段から3名様以上で8,800円になっている。これってどういう事なんだろう?1名様でも8,800円にするって事なのかな?

 さて、岡本ホテルといえば、このブログでも岡本倶楽部に関する記事に沢山のコメントをいただきました。何人かの方が不安ながらも入会されて、ホテルを利用しているとのことです。私は未だに入会を躊躇しています。と言うか8月末頃以降は勧誘の電話が無くなったのでやれやれと思っているというのが実情です。

 8月末頃に第1次会員募集を終了するとのことでしたが、HPを見ると今でも同じ条件(5年後に預託金全額返金。無料体験宿泊等々)で第1次会員募集を続けているように見受けられます。その後如何なんでしょうか?

 ☆さんのコメントで、8/28のディナーショーが凄いことになっていたとの情報ですが、どの様な事になっていたのでしょう。興味津々です。

 ところで、ブロンズ(100万)300口、シルバー(300万)100口、ゴールド(500万)20口、プラチナ(1千万)10口の募集となっていますが、どれくらいの数が集まったのでしょう?全部集まれば8億ですが…。
posted by ヒロ at 18:52| ☔| Comment(112) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

今、佐世保です

 只今、佐世保で高速船の出航待ちです。朝7:30に出航です。

 昨日は、岡山県の湯原温泉で温泉三昧でした。砂湯という河原にある混浴露天風呂では、家族5人でゆっくりとさせていただき最高でした。無色透明で綺麗なお湯でしたよ。

 ドル高傾向にあり、含み益が500万超えまで復活しました。ラッキーです。このまま、さらに上昇してもらいたいところです。
posted by ヒロ at 02:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

しばらく留守します

 ドルが持ち直してきたかなと、少々期待しています。

 日経平均は上昇一服となるのでしょうか。

 本日、これから家族揃って九州まで行って来ます。お盆休みを外しての、妻のお父様のお墓参りです。折角、遠方まで行きますので、行き帰りに、温泉やちょっとした観光もしてこようと思います。

 予定では、岡山の湯原温泉→五島列島でお墓参り→山口の秋吉台でキャンプ→奥飛騨温泉という行程で23日に帰ってくる予定です。

 勿論、為替の事は大変不安ですが、この間にUSDJPYが106円になったり、GBPJPYが190円になったりという事はないだろうと踏んでいます。果たして、どうなりますか…。
posted by ヒロ at 16:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

思い出

 戦争は、やっぱり嫌ですね。

 私は坂本九さんの『上を向いて歩こう』と同じ年齢ですので、戦争を知らない子供達ですが、それでも戦争の思い出があります。それは…、

 小さい頃、「男の子は戦争に行かなければならないのだよ」と教えられ、「だったら、女の子に生まれたかった」と言ったら、「女の人は赤ちゃんを産むために痛い思いをするんだよ」と言われ、結局、男が得か、女が得かと悩んだ思い出です。

 戦争の悲惨さを自分の子供達に伝えるべきですが難しいですね。

 子供達、孫達の時代はどんな世の中になっているのでしょう?
posted by ヒロ at 22:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

浜降り祭

 これから出掛けてきます。

 明日、妻の実家の近くで浜降り祭があるので、子供達に見せてあげるためです。今夜前夜祭があるので間に合うように行かなくては…。

 帰ってくるのは月曜日の夜になるでしょう。
posted by ヒロ at 13:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

USDCHFの悪夢再来か?

 ポジション数が再び200枚を超えそうになっております。今の資金力でこのポジション数はかなり多めだと思います。何とか200枚は超えないようにと心掛けてますが、今回のドル調整局面で膨らんでしまいました。

 何度と無く書いてますが、今一番悩みの種はUSDCADロングです。これだけで現在含み損が130万を超えています。そろそろ底打ちするだろうとの思惑から、下落に伴って買い下がってきましたが、1.2200付近からは追従するのを諦めてしまいました。そこから更に200pips近くも下落しています。仮に昨年11月安値1.1712まで下落したとなると、その含み損額は265万にもなってしまいます。今の資金力なら耐えられない事もないですが、他の通貨ペアーの値動きによっては強制ロスカットに遭遇する可能性もあります。かなり危険ですね。

 これだけリスクを抱えながら、USDCADはスワップ金利が少ないのが更なる悩みの種です。20円/枚ですので、全部で900円/日にしかなりません。1年間リスクを抱え続けてもわずか30万強にしかならないのです。これがGBPJPYだったら400万/年以上ですよ。実に13倍以上です。

 今のUSDCADって昨年後半から年末に掛けてのUSDCHFの下落を連想させてしまいます。その当時(まだ、個人として取り引きしてました)、私はUSDCHFロングを1.3〜1.2の間で沢山塩漬けしておりまして、でも、1.2を底に反発するだろうとの思惑でいました。ところがどっこい、12月にかけて1.13まで下落してしまったのです。

 11月上旬、1.18付近まで下落した時にとうとう資金が耐えきれなくなって強制ロスカットに遭遇し、350万の損失を出してしまいました。実に1年以上もかけて積み上げてきた利益以上の損失でした。あの時は、それまでの職場を解雇になった直後という事もあり、かなり、かなり、かなり、かなり落ち込みましたね。数ヶ月は立ち直れませんでした。

 しかし、こうした失敗が身に付いていないのか、今、再びUSDCADロングで同じ過ちを繰り返しそうになっています。もし、USDCADでも同じように1.13付近まで下落してしまったら、含み損は430万くらいになります。ま、1.13で底打ち反発してくれる事が確約されているのならば、他の通貨ペアーのポジションを全て手仕舞ってでもUSDCADのポジションを死守するでしょうが、1.1をも割り込むリスクだって0では無いわけでして、そう考え出すと、本当に悩ましい限りです。

 何で、USDCADをこんなに増やしてしまったんだろう?何て今頃言ったところでどうしようもないですが、こんな事が起こるのが為替取引の恐いところですね。今はひたすら悪夢が再来しない事を祈るばかりです。
posted by ヒロ at 20:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。